イマイジン日記

今井翼さんと日々の出来事をぼやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今井翼×サムライ支倉 大いなる旅への挑戦

今井翼×サムライ支倉 大いなる旅への挑戦

NHK様、月曜の夜に素敵な番組をありがとうございました。

今井翼さんがフラメンコやスペインに興味を持ち、こつこつと続けていた事が
こういう形になるなんて!
フラメンコの小島章司さん、ピアニストの川上ミネさん、歌手のミゲル・ポベダさん、
各分野でのスペシャリストとの共演。
プレゾンの準備もあっただろうに、
自分の想像していた以上に大変なプロジェクトに参加してたんだなと改めて思う。

ナレーションも翼さんで、やっぱ良い低音☆
上手くは無いけど、心地好い声だよな。

能楽については、ほとんど知識が無く、わずかにある知識は成田美名子さんのコミック「花よりも花の如く」から得たものだったり…

観世宗家から直々に教えて頂けるなんて、なかなか出来ない経験だよね。

教えて下さってる観世宗家の言葉の美しさと立ち振る舞いに日本の伝統の美って素晴らしい!と感じる。

能の面を付けるだけでも大変なんだね。
視界が狭くて苦しいというのは、何となく分かってたけど、
こめかみを締め付けるから、常にトランス状態というのにも驚いた。

面を付けた翼さんが孤独を感じると言ってたのが印象的。

面を外した時に、「無茶苦茶明るく感じますね、お部屋の中が」

お部屋って言い方が翼さんらしくて可愛い。


スペインでのリハーサルは、トラブル続き…通しリハ無し……あの~両国の皇太子殿下が観劇されるのに、こんなんで良いんでしょうか?
って心配したくなるレベル。

演出家の方がツバサじゃなくて、イマイ呼びしてるのに萌え☆
日本の地方都市の皇族の方をお迎えする準備ってめちゃキッチリしてるんだと感じます。

売れっ子歌手ミゲルさんとピアニスト川上ミネさんの、その場で作り上げていく凄さに感服。

小島章司さんの醸し出す空気は現世人じゃなく常世人!

腕や手や指ってあんな風に動くものなのか?ってテレビ画面越しでも神懸かっていて翼さんじゃなくても圧倒される。

支倉常長の旅の心情を面をかけて表現をする翼さん。
本番まで悩む姿に表現者ゆえの孤独を感じる。

演じきって、面を外し一礼、飲みものを一口喉を潤し「まぶしい」と一言。
達成感のに溢れた笑顔が最高に男前だった。

番組のあと、ツイッターを見ていたら、翼さんの表現について能の関係者や愛好家からは厳しい感想もあったけど
そういう目も大事だよね。
ただ多少なりともスペイン語を理解出来て、フラメンコも習ってる翼さんならではの支倉常長だったと思います。

翼さんがまだまだ続けるスペインへの旅をこれからも楽しみにしています。



☆拍手を下さった皆様、ありがとうございました☆
スポンサーサイト

« 翼の一片。|Top|プレゾン'13 8/4 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

染子

Author:染子
九州の片隅でのほほんと暮らしています。
マイペースのB型。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。